引越しは人生につきもの

人生の節目に「引越し」はつきものです。できるだけ楽に、快適に行うためには、事前の準備や予備知識が必須です。人生の節目を心穏やかに迎えられるよう、事前に準備をしておきましょう。

引越し費用を抑えるポイント4つ

男性

繁忙期は避けるのがベスト

引越し業者を利用する場合、「繁忙期を避ける」だけで費用に大幅な差が生まれます。もし引越し時期を選べるなら、新生活をスタートさせる人が多い春や、人事異動のシーズンは避けるのがオススメです。

自分でできることは自分でやろう

自分でできる作業は自力でやることで、費用を安く抑えられます。自力で引越しする場合はもちろん、業者に依頼をする場合でも「限られた荷物を運ぶだけ」と指定することで、最小限の費用に抑えられます。

数社を比較検討してみよう

引越し業者は、数社に見積もりを依頼することで、より低い金額での契約が可能となります。東京には非常に多くの業者がありますから、2~3社は見積もり依頼をしてみましょう。

午後便やフリー便も検討してみよう

引越し業者を使うときに、もっとも高いのは午前中に作業をスタートする便です。午後便や時間を指定しないフリー便の場合、とにかくお値打ちに引っ越すことができます。

時期やプランで大きく変わる?お得に引越しするために知りたいこと

作業員

荷造りは余裕を持って進めよう

引越し作業を行う上で、もっとも重要なのは「荷造り」です。引越し費用を節約したいときには、自分たちで荷造りをするのがベストです。引越し日時が決まったら、早めに準備を進めておきましょう。余裕をもって荷造りをすることで、「新居での片付け」まで意識した準備が可能となります。また「引越し時間に間に合わず、持って行ってもらえなかった」なんてトラブルを防ぐこともできます。

ダンボール

荷造りから業者に任せることも可能

荷造りを自分でやりたくても時間的余裕がない!という場合には、多少費用はかかっても「業者にお願いする」ということも可能です。この場合、荷物の運搬スタッフとは別に、荷造り専門の梱包スタッフがテキパキと作業を進めていってくれます。それぞれのアイテムに最適な梱包方法をチョイスしてもらえますから、安心感は抜群です。「引越しの負担をできるだけ軽減したい」というときには、ぜひ活用してみてください。

家族

質の高い業者を選ぶのがコツ

質の高い引越し業者を選ぶためのコツは、「過去に利用した方の口コミをチェックしてみる」ということです。また引越し業者が用意している補償内容や「自社ならではの特徴」もチェックしてみると良いでしょう。安心して利用できる業者が見えてくるはずです。

トラック

最適なパックやプランを知っておく

引越しで余計なお金を使わないためには、「自分にピッタリのプランを選ぶ」ということが重要です。まずは引越し業者に対して「求める作業内容」をはっきりさせましょう。それをもとに見積もりを依頼することで、どのようなプランを利用できるかわかります。

引越しに関する様々な疑問にお答え

家

業者よりも自分で引越しした方がお得なの?

自力で引っ越せば業者に支払う費用は浮きます。しかし一方で、「レンタカー代」や「ガソリン代」、お手伝いを頼むなら「お礼」などの費用がかかります。一概に自力で引っ越した方がお得とは言えません。

引越し費用に含まれない費用はありますか?

はい、あります。たとえばエアコンやトイレの温水便座など、取り外しや取り付けの費用は別途必要になります。また不用品処分に費用が必要な場合もあります。

引越しの見積もりはどれぐらい前に依頼すれば良いの?

引越しの見積もりは、1~2ヶ月程度前に依頼すると良いでしょう。ただし繁忙期などは、タイミングが遅れると依頼ができなくなってしまうこともありますから、引越しが決まったらすぐに動くことをオススメします。

荷物梱包用の段ボールはもらえますか?

成約特典として、業者から段ボールをもらえることもあります。もらった分で足りなければ、自分で用意をする必要がありますから、早めに準備しておきましょう。

見積もりは自宅に来てもらわなければ駄目ですか?

自宅で実際の荷物をチェックしてもらうことで、より正確な見積もりを作成できます。トラック積み切りでOKなどの条件なら、家に来てもらわなくても見積もりが可能なケースもあります。

広告募集中